その競技を愛する競技者や、彼らを応援する人たちはとても好きです。
大して愛もないくせに、その人たちを利用してなんらかの利益誘導しようとしてきた人たちは、その行動を精査しなければならないと思っています。

僕のオリパラに対する意見はそんなもん。商業主義なのは仕方ないと思うけど、節操がないのはどうもね。ましてやこんな時期に。

 

という思いは置いておいて。

見るのが好きなスポーツは?と聞かれて「陸上競技とサッカー」って答えました。こないだ。

それはなんでかな〜とあらためて考えてみました。

静岡生まれだからかな?サッカーは。
シンプルなルール。審判の質はたしかに気になる時もあるけど、わかりやすい種目だと思ってます。
よく駒場まで浦和レッズ見に行ってたな〜

陸上もそう。より速く、より高く、より遠く。ものすごくシンプルでしょー?

実は僕、小学校の頃、短距離で賞状もらったことあるんですよね。草薙競技場でなにかの大会に出て。
んで、そのトレーニング中に顧問の先生に言われたんですよね「オマエは力みすぎ」と。

はい、僕は子供の頃から力いっぱい力んで生きてきたということのようです。

ギターを練習しているときも、ボイトレの時にも、常に言われてきたこと、それは「力みすぎ」なのでした。
だから体を動かして何かをやるとき、いつも「脱力」を意識している…

だけど「脱力」を「意識」するなんて矛盾してるよな〜
頑張らないことを頑張る、みたいな。
だけどずっと、全力で脱力しようとしてました。ははは。遠回りしてましたね。

なにかが上手な人って、みんなチカラが抜けてるんだよなぁ〜って思って見てます。

陸上競技って、それがものすごく高い次元で行われてて、しかも結果に伴って見えやすい。

あるひとつの運動に対して、無駄なものを省いていく中に、「無駄な力」も含まれてて、その抜け方が美しくすらあるのです。
まぁ他の競技でもそうか。でも僕は陸上競技の選手たちのそれを見てるのが好きなんですよね〜