9/6未明より発熱し、かかりつけ医にて抗原検査を実施したところ新型コロナウイルス罹患との診断をいただきました。

これを受け、翌日から10日間の自宅療養を余儀なくされました。

9/10に出演を予定していた逗子Surfersでの「ココフェス2022」と9/16の小倉Nice Fellowsライブを辞退させていただくお知らせをさせていただきました。

9/9、東京都自宅療養者フォローアップセンターから、政府発表により療養期間を7日に短縮する、という連絡が入り、当初の9/16までだった療養期間が9/13までに短縮されることになりました。
突然の変更通知に戸惑いつつ、ツアー日程の変更にともなう飛行機の再手配にかかる余計な出費や、興行へのダメージを減らせるかも知れないので主催者へその旨連絡させていただきました。相談の結果、感染対策を徹底しながら予定通りの興行をおこなうことになりました。

9/13朝、東京都自宅療養者フォローアップセンターより体調確認の電話あり、予定通り9/14からの仕事復帰の許可が出ました。療養期間が明けても完全にウイルスが消えない例もあるため、外出時のマスク着用、大人数での会食を避けること、人混みの回避、基礎疾患を持った方やお年寄りへの不要不急の接触を避けること、をフォローアップセンターより指導されています。

このことから、9/16からの九州ツアー、特に小倉Nice Fellowsライブに関しては、飛沫飛散防止対策としてマイクシールドの設置およびコーラスマスクの着用を試みながらのライブ実施となります。終演後はすみやかに退店させていただくことをあらかじめご了承ください。

当初から、ゼロコロナはありえない、ウィズコロナであるならその方法は自ら探し獲得していくものと考えております。
人のいうことを信じるな、とは言いませんが、自ら考え、新しい世の中との折り合いをつけていかなければ、当初「不要不急」と言われた音楽業界の末席を汚す身としては、生業を守れないと判断しました。
何卒、ご理解いただき、できるならば応援していただければ幸せです。

とりあえず落ちた体力を回復し、フルステージを全力で歌えるよう調整していきます。
この度はご心配をおかけしました。

今後の予定
9/16小倉Nice Fellows、9/17佐賀Riff、9/18長崎Black List、9/19福岡ZASSHO JAM、9/23吉祥寺Black & Blue